輸入楽譜・音楽書の専門店 アカデミア・ミュージック ロゴ 輸入楽譜・音楽書の専門店 アカデミア・ミュージック
 東京・本郷 創業65年 国内最大級の輸入楽譜・音楽書の専門店
ACADEMIA MUSIC LTD.
 ホーム
 ご注文方法
 店舗情報
 情報誌「アカデミア・ニュース」
 メールマガジン
 お問い合わせ
 ご意見・ご要望
  
買い物カゴを見る
 おすすめ情報 
  
 お知らせ    全集    ファクシミリ    鍵盤        管打    声楽    スコア    作曲者(校訂者)    時代別    室内楽・オーケストラ    書籍  
フリーワード検索
フリーワード検索
   検索方法のご案内   
楽譜 書籍
  
 サイト内検索 

   書籍の検索:商品の詳細

関連楽譜リストはこちら。

音楽は対話である ニコラス・アーノンクール著
那須田 務 / 本多 優之 共訳
本書は、ニコラウス・アーノンクールによる17、18世紀に聳える三人の作曲家、モンテヴェルディ、バッハ、モーツァルトについての論考を収録したエッセイ集である。
これらは主にアーノンクールがザルツブルグ大学を始として様々なところで行った講演や雑誌に掲載された記事などからなっている。
第一部ではそれぞれの作曲家の同時代の記録や、深い洞察力に支えられた総譜研究、そして何よりも豊富な演奏活動を通して、当時の記譜法やテンポ、デュナーミク等の演奏習慣を解き明かしつつ、モンテヴェルディやバッハ、モーツァルトの音楽を語っている。
第二部では、音楽史上に燦然と輝く不朽の名作、すなわちモンテヴェルディの《オルフェオ》、《ウリッセの帰還》、《ポッペアの戴冠》、《聖母マリアへの夕べの祈り》、バッハの《ブランデンブルク協奏曲》、受難曲、《ミサ曲ロ短調》、モーツァルトの《イドメネオ》、《レクイエム》等が扱われ、それぞれの作品論が展開される。
ここに取り上げられた偉大な作曲家や、その傑作を新たな視点から見つめ、新たな演奏解釈へと導いてくれる格好の書である。
 
あとがきより
本書を翻訳してから15年以上という歳月が流れ、その間にアーノンクールに対する評価も「奇才」から「巨匠」へと大きく変わった。(中略)2006年は26年ぶりに指揮者として、ウィーン・フィル、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスとの来日が実現し、彼の芸術の全貌が私たちの前に明らかになる。そうした機会に、本書旧版の誤植のみならず表記や訳文の再検討などを行い、改訂第2版として出版されることとなったのは大変に喜ばしいことだ。

目次
  • 序 文
  • 日本語版によせて
  • 第一部 音楽的対話
    • 中世の音楽‐その音のイメージについて
    • 主な楽器について
    • 教会の内外における楽器
    • 1600年頃の大改革
    • 響きの美学、 醜くも美しいとは?
    • 現代におけるモンテヴェルディ
    • 作品と編曲‐楽器のはたす役割について
    • 作品と演奏について
    • バッハとその時代の音楽家
    • 演奏の伝統について
    • コンチェルト
    • ガンバ・ソナタ‐慣用的な響きあるいは任意の楽器選択
    • カンタータ、バッハの中心的な作品
    • バッハのカンタータにおける管楽器
    • バッハの「オーボエ・ダ・カッチャ」とその復元
    • バッハにおける楽曲転用の用法
    • ウィーン・コンチェントゥス・ムジクスによる《マタイ受難曲》の初めての演奏
    • マタイ受難曲の歴史と伝統
    • モーツァルトは改革者ではなかった
    • モーツァルトの光と影‐オーケストラの編成について
    • モーツァルトにおけるアレグロとアンダンテの考察
    • メヌエットからスケルツォまで
    • モーツァルトにおける演奏解釈への指示
    • 楽譜に書かれていない演奏習慣について
  • 第二部 作品について語る
  • クラウディオ・モンテヴェルディ
    • 《オルフェオ》‐詩と音楽とテンポについて
    • 《オルフェオ》の管弦楽法と編曲について
    • 《ウリッセの帰還》
    • 《ポッペアの戴冠》
      • リブレットについて / 編曲について / 声楽の編成について
    • 《聖母マリアの夕べの祈り》
      • マリアの栄誉を称える芸術作品 / モンテヴェルディの 《聖母マリアの夕べの祈り》/ 響きの形態と楽器法 / 当時の楽器について
  • J・S・バッハ
    • 《ブランデンブルグ協奏曲》
    • 《ヨハネ受難曲》
    • 《マタイ受難曲》
      • 複合唱編成について / テキストについて / 個々の楽章への覚書き / 象徴的表現
    • 《ミサ曲ロ短調》の演奏解釈の歴史
      • 個々の部分への注釈
  • W・A・モーツァルト
    • 《イドメネオ》 に関する往復書簡に見られるモーツァルトのドラマトゥルギー
    • 《レクイエム》、自叙伝に関連するただ一つの作品
      • 考察と印象
  • 付録
    • 原歌詞対照 / 文献一覧 / 訳者あとがき / 著者略歴 / 訳者略歴


詳細分類 自社出版物 
著者 アーノンクール,N. Nikolaus Harnoncourt
校訂者/編曲者那須田 務/本多 優之 訳
タイトル 音楽は対話である:モンテヴェルディ・バッハ・モーツァルトを巡る考察(2ed 
楽器編成/構成  
出版社 アカデミア・ミュージック 
商品コード [4870170760] 
在庫状況(目安)*1
本体価格*2 \2,500 


*1  ○:在庫あり / △:残りわずか
店舗でも販売している関係上、「○/△」の商品でもご注文いただいた時点で完売となっている場合がございます。ご了承ください。正確な在庫状況は、ご注文後の在庫確認通知メールにてご連絡いたします。
※同様にご来店の際には、予めお電話等で在庫をご確認いただくことをおすすめします。 「商品コード」でお問い合わせください。(TEL: 03-3813-6751)
   
*2  在庫品は、掲載価格+消費税での販売となります。海外発注の場合、本体価格は参考価格とし、商品到着時の価格+消費税での販売となります。為替レートの変動、版元での価格変更等により、参考価格より変動する場合がございます。
消費税、送料・手数料は別途頂戴いたします。
   



 
商品の表示価格は
全て本体価格です
今月のおすすめ
期間限定!ノーカットで
全曲ご試聴いただけます
くわしくはこちらをクリック

ミサ・ソレムニス


カプースチン、8つの
演奏会用練習曲
op. 40 他

ご利用規程(プライバシーポリシー) | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ
(C)2005-2017 ACADEMIA MUSIC LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

Google
WWW を検索 academia-music.com を検索