5,500円(税込)以上のお買い上げで送料無料! 楽天ペイ

輸入楽譜・音楽書の専門店 アカデミア・ミュージック

  • ご注文はお電話でも
    承っております。
  • 03-3813-6751
  • 店舗情報
  • カートに商品がありません。

    現在の中身:0点

  • カート

一押し その1 ブラームス:ソナタ、スケルツォ、バラード(ピアノ)
まずはソナタ第1番 op.1 第1楽章をお聴きください。いかがでしょうか?
「堂々とした名曲!」、あるいは「やっぱり初期作品だね」とお感じでしょうか。 ここにシューマンが初めてブラームスの音楽に触れた場面、それを史実に基づいて再構成した文献がありますので、引用します。
  …ブラームスはピアノの前に座り、自作のピアノソナタ第1番ハ長調(作品1)を弾き始めた。だが、ほどなくシューマンの言葉が演奏を遮った。
   「失礼、妻を呼んでこなくては」。クララがあらわれ、2人の前でブラームスはさらに演奏をし、いとまごいをした。
                          [ヒュー・マクドナルド著「巡り逢う才能―音楽家たちの1853年」森内薫訳(春秋社)]

シューマンは op.1の冒頭を聴いただけでブラームスの才能を見出し、妻クララとともに真剣に耳を傾けるべき作品と判断したようです。 この1853年秋にブラームス自身の演奏で2曲のソナタ op.1、op.2、スケルツォ op.4を聴いたシューマンは、「新しい道」と題した評論でブラームスを賞賛しています。 昨年発売されたヘンレ新版の「ソナタ、スケルツォ、バラード」は、以上3作品とソナタ第3番、バラード op.10 を新ブラームス全集に基づく校訂版で収録したものです。


一押し商品の試聴もできます!6/30(火)まで! 試聴する
※試聴方法:リンク先(NMLサイト内)の「選択曲を試聴」ボタンをクリックするか、NMLサイトにログインするとご試聴いただけます。
 
一押し その2 サクソフォーンのための3つの演奏会用作品(サクソフォーン)
ルデュック社のレパートリーからアルト・サックスのための、ある程度まとまった長さの演奏会向け作品3曲が入った曲集です。
イベールとトマジの作品をお聴きいただけます。


一押し商品の試聴もできます!6/30(火)まで! 試聴する
※試聴方法:リンク先(NMLサイト内)の「選択曲を試聴」ボタンをクリックするか、NMLサイトにログインするとご試聴いただけます。